68911 normal 1513905623 %e5%ba%83%e7%80%ac%e3%81%95%e3%82%93%e5%9b%9edk

<拡大版> 角居’s Battle Talk 「好奇心の奴隷 ー私たちを惹きつけてやまないものー」× 広瀬 毅

2018-01-18(木)18:30 - 21:00

tsunagno

長野市西後町1583 リプロ表参道ビル 1F

5人の参加者
申し込む
あと10人参加できます。
一般
1,000円 会場払い
25歳以下
無料
一般の方はワンドリンク or 1缶ビール付。25歳以下の方は、300円でドリンクオーダーできます。

善光寺門前を拠点に活動するアーチスト・角居康宏氏をコーディネーターに、様々なテーマをゲスト・参加者たちで深掘りしていくトークイベント「角居’s Battle Talk」。

今回は、新年スペシャル拡大版ということで、いつもより早い18:30スタート。
角居康宏 ✖️ 広瀬毅 で、バトルトークを繰り広げます。

テーマ「好奇心の奴隷 ー私たちを惹きつけてやまないものー」

この「角居’s Battle Talk」を始めたのが2015年5月。
以来2年半以上にわたり、いろんなテーマを様々なゲストと共に話してきた。
その側に必ずいて必要な助言、視点を与えてくれたのが
「角居’s Battle Talk」の企画者である広瀬毅さんだ。

広瀬さんは専門である建築はもちろん、
ここクリークス、ツナグノの運営や音楽のライブ、
自身の美術の展覧会など活動の範囲は多岐にわたり、
そのことを指して自分のことを「好奇心の奴隷」と呼ぶ。

僕もまたBattle Talkで話してきた内容が音楽、美術、社会、演劇、花、料理・・
と好奇心の奴隷だと言えるかもしれない。

湧き上がる、そして抑えられないその好奇心とはなんだろう?
私たちを惹きつけてやまないものを掘り返しながら
改めて語り合いたいと思っている。

<ゲストスピーカー>
hirose
広瀬毅|建築設計室 代表 / 株式会社CREEKS 取締役
ストックを生かす建築のあり方、地方都市のサードプレイス連携を模索。『霊仙寺の家』(長野県建築文化賞最優秀賞)、『仙仁温泉岩の湯』、リノベーションでは『リプロ表参道』、『EAST GATE DAIMON・日和カフェ』など。
http://hirose-aa.com/

<ファシリテーター>
sumii
角居康宏|金属造形作家 / Gallery & Factory 原風舎主宰
1968年金沢市生まれ。1993年、金沢美術工芸大学美術工芸学部産業美術学科工芸デザイン専攻を卒業。錫で食器、インテリア・エクステリアなどのクラフトワークを、アルミでアートワークを手がける。クラフトワークでは酒器などの定番商品のほかオーダーによる制作も可能。アートワークでは火によって金属が融ける姿に始原を感じたことから「始まり」をテーマに制作。伊勢丹新宿店ほか、全国各地で個展・グループ展を開催。2011年に長野市の善光寺門前に工房兼ギャラリーと住まいを移す。

角居康宏 HP:https://www.yasuhiro-sumii.com

本プログラムは「長野市若者未来創造スペース整備事業」活用事業です。

コミュニティについて
CREEKS

CREEKS

コワーキングスペース『CREEKS COWORKING NAGANO』の運営を基盤に地域に根ざしながら県内外とのネットワークを広げ様々な新しい働き方をする人たちをフォローしていきます。 ここで働く個々の力、企業の力、地域の力を結びつけ地域の発展に寄与して行きます。 コワーキングの運営は(株)CREEKSの主要な事業の一部であり、ここを拠点に地域から社会を変えるべく様々な事業を展開しています...

メンバーになる